新車購入・新古車購入 攻略ガイド

 
 HOME > 下取り車の高額査定テクニック!

     

下取り車の高額査定テクニック!



 新車の上手な購入方法は、車両価格の値引き交渉だけではありません。値引きと同様
 に大変重要な項目は「下取り価格の査定額」です。いくら新車の値引き条件が良かった
 としても、下取り車として買い取ってもらう愛車の査定額が低いのでは値引き交渉の意
 味が全くと言ってよいほど無くなってしまいます。上手な下取り査定テクニックで、車両本
 体の大幅値引きと下取りの高額査定で良い買い物にしちゃいましょ〜う!

 1.最初は「下取り車無し」で見積り
   新車の値引き交渉を徹底的にするならば、下取りになる車がある場合でも下取り
   車は無しの条件での見積もりが絶対に必須条件です。あえて下取り価格を見積も
   りに入れないのは、正確な車両値引きが誤魔化されるのを防ぐためです。下取り
   に出す予定だとしても、ある程度値段が煮詰まるまでは「知人に譲る予定」などと
   言っておき、下取り車の査定は絶対に拒否しておきましょう。

 2.下取り価格で値引きを曖昧にされるな!
   下取り車の査定価格が見積もりに入ると、車両本体の純粋な値引き額が曖昧にな
   ってしまいます。例えば、実際の査定価格が50万円の車が下取りだとします。しか
   し、販売店は50万円の査定額の場合でも初めはマージンを取り、50万円以下の
   下取り価格を提示します。例えばマージンを10万円取り、40万円で査定を提示した
   とします。ここでお客様の査定不満が無ければ、この余った10万円を値引きのマー
   ジンとして含めてしまう事があります。

   通常は30万円が値引きの限界だとして、そこへ下取り査定で余らした10万円を値
   引き分に回し5万円ほど余裕を持って、35万円の特別値引き!!!と言わんばか
   りに値段を提示する戦術です。実際には、値引き額は凄く見えるのですが、査定価
   格が削られている分の5万円も損している計算になります。

   上記の例とは逆に、「隠し値引き」という戦術もあります。もし他店でも下取りの価
   格査定をしている場合に、自社の査定価格を少しでも底上げする手法として使われ
   ます。具体的な例で説明をすれば、上記と同様に実際の自社査定価格が50万円
   の車が下取りだとします。しかし、他社では既に55万円の査定が出ている場合、
   自社の査定額を少しでも条件を良く見せる為に、底上げ価格での60万円を査定金
   額として出します。

   しかしこのままでは10万円ほど損をしてしまいます。そこで調整されるのが値引き
   からの数字合わせです。例えば値引きの限界価格が30万円の車でしたら、20万
   を値引きの限度とし、残りの10万円を下取り損金への充填として調整されます。そ
   の分車両本体の値引きが減っているのですが、下取り価格の条件が良いという事
   で、条件が良く見えてしまうのです。

   純粋に車両本体の値引きを引き出させるなら、絶対に下取り査定は含めない事!
   「査定してみましょうか?」と言われても「知人に譲る予定です」と断っておきましょう
   。車の下取り意思を出す場面は、値段交渉がいっぱいになった所で、「実は知人が
   買えなくなったので下取りに・・・」と切り出せばOK!これで本当の査定額も判断で
   きるようになります。

 3.下取り車は以外と安く査定されている
   下取り価格は車を購入するから高額査定だと思い込んでいませんか?しかし、査
   定金額は販売店での得手不得手によっても変わってきますし、その後の流通経路
   のネットワークによっても変わってきます。基本的に下取り車は、販売店が欲しくて
   仕入れる在庫ではありませんし、次の買い手も決まっていません。販売店は下取り
   後に損をしないように計算して買取りをするわけですから、場合によっては現在の
   流通相場よりもかなり金額を抑えた査定額になっている事も十分考えられます。

   販売店での下取り車は必ずしも望む買取車ではありませんし、下取りをした後に自
   社在庫となる大きなリスクがあります。もし貴方の愛車が販売店の得意とする車種
   ではなかったら・・・欲しくない中古車だったら・・・下取り後の販売に自信のない車
   種だったら・・・、十分に納得の出来る高額査定での下取り価格は難しいと思います
   よね〜。

 4.下取り車は買取専門店で査定が鉄則!
   新車の純粋な値引きを求めるのであれば下取り無しが鉄則ですが、下取り車の査
   定価格を純粋に求めるには「車買取専門店」の利用が鉄則です。車買取専門店は
   中古車の買取専門ですから、下取り車になる愛車を的確な査定をしてくれ、出来る
   だけ高額査定を提示してくれます。前もって車買取専門店で愛車の概算査定でもし
   ておけば、ディーラーに下取り提示した時に査定が良いか悪いかを瞬時に判断でき
   ますし、ディーラーの下取り条件が悪ければ買取専門店へ売却すれば下取り価格
   で損をせずに済みますからね〜。

   買取り専門店では査定が低いと言うのは全くのウソです。下取りも販売店が結局買
   取りをするわけです。実際にあった話が、私の勤務する自動車販売店(下取り)と買
   取り専門店(買取り)で、最高40万円の査定価格差を体験した事があります。まあ
   それなりの高額車ではあったのですが、下取り価格と言って精一杯の査定額だっ
   たつもりだったのですが、買取専門店にあっさりと敗戦しました・・・。(査定する車種
   などにより、必ずしも買取り専門店が良い値段で査定をしてくれるとは限りませんが)

   もし上記(1)で例にした下取り車の場合、買取り専門店で60万円の買取り査定が
   付いたとして、車両本体も純粋な値引き交渉で30万の値引き条件が出れば、下取
   り車も値引きも最高額の最高の条件で購入が出来ると言う事です。

   更に、販売店などに下取りしてもらった場合、その下取り先の販売店が買取専門店
   に買い取って(転売)もらっている事もまれにあります(下取り額の自社負担が困難
   な場合や欲しくない中古車の下取りの場合などに、得意とする専門店に買い取って
   もらう裏技)。しかし、販売店の転売先の買取専門店へ直接持ち込んでいたら・・・。
   業者よりも個人ユーザーからの買取の方が高額査定なのは当たり前ですから、予
   想以上の高額査定が望めたかもしれませんね〜 ^^
    ※ もう少し詳しく ・・・ 買取専門店と販売店

   車買取比較・中古車査定 研究所
   車の下取り査定・下取り価格 必勝ガイド 【オススメ!】
  私が運営・管理している車の買取り、車の下取り対策専門の情報サイト。
  自動車業界に勤務する、私の経験や知識による愛車の高額査定のテクニ
  ックが満載!
  下取り価格で損をしない為に、査定前や商談中でも必ず参考にしておきまし
  ょう。 もちろん古い車や走行距離の多い車も諦めてはいけませんよ〜!

   



           新車購入・新古車購入 攻略ガイド (HOMEへ戻る)

      
  Copyright(c)2006 新車購入・新古車購入 攻略ガイド All Rights Reserved.