軽自動車の税金対策についての知識
    新車購入・新古車購入 攻略ガイド
 HOME > 軽自動車の税金対策


                   軽自動車の税金対策


   新古車で軽自動車を購入されようと考えられている方へ、軽自動車の自動車税対
   策方法があります。毎年ゴールデンウィーク頃になると自動車税を払って下さい〜
   の封筒が届くと思いますが、この自動車税の税金対策・節約方法を説明しておきま
   す。但し、新古車購入を春先に考えている方のみの節約方法です。

   方法は簡単です。1月〜3・4月頃に購入せずに、4・5月以降に購入するだけで、約
   1年分の自動車税が節約出来るのです。

   毎年、自動車税の課税対象者を決定するのは、4月1日に自動車を所有している方
   が課税対象者となります。と言う事は、3月に新古車の軽自動車を購入て、3月31
   日に車検証の名義登録をすると、翌日の4月1日に自動車所有者として課税対象と
   なり、当年度分の自動車税の納税義務が発生します。

   しかし、3月に新古車の軽自動車を購入して、4月2日に車検証の名義登録をした
   場合には課税対象者から外れていますので、当年度分の自動車税の納税義務が発
   生しないのです。たった1〜2日の車検証登録日の差で1年分の自動車税を納税す
   るかしないかの大きな違いが発生すると言う事なんですよ〜。

   上記の登録日差の想定は少々大げさですが、1〜2ヶ月の違いでも大きな節約にな
   ると思います。それともうひとつポイントがあります。「1月〜3・4月頃に購入せずに、
   4・5月以降に購入」と書いてますが、「4・5月以降に購入」がポイントです。3月に購
   入しても登録日が4月になるように登録を遅らせればいいんじゃないの?と思われ
   がちなのですが、3月の時点では新古車の名義は自動車販売店になっています。こ
   れを4月に名義変更を遅らせるとしたら自動車販売店が課税対象者となってしまいま
   す。しかし、自動車販売店もたった1週間前後の登録日差で自動車税の負担をした
   くないのが本音
です。と言う事は、自動車税の負担分を見越して販売車で原価調整
   を行い、自動車税分の利益を確保しておくと言うわけです。結局は自動車販売店が
   税金を負担するので違法でもなんでもありません。しかし、自動車税分の利益を確
   保されるので、その分値引きが少なくなると思って下さい。

   そして、更に「4・5月以降に購入」の最大のポイントがあります。この自動車税の利
   益確保をされない為には、4月以降に登録された新古車を狙って購入する事です。
   購入月が5月でも、3月31日以前に登録された新古車の場合には、すでに利益確
   保の対策済み車だと思って下さい。しかし、この節約方法は新車ではオススメ出来
   ません。なぜなら、3月の決算月を逃す事になるからです(3月に契約しても4月登録
   になってしまうとディーラーの3月実績にならない)。

   ちなみに、中古車の場合にも同じような事が言えるのですが、中古車購入で節税を
   狙う場合には非常に複雑です。基本的には販売店が4月1日以降に仕入れた中古
   車を狙えば良いのですが、4月以前に契約した車の下取り車など、販売店が税金分
   の負担約束をしている場合もありますし(当然、負担分は原価調整)、なかなか仕入
   れた時期までは把握する事は難しいですから・・・。



           新車購入・新古車購入 攻略ガイド (HOMEへ戻る)

  
Copyright(c)2006 新車購入・新古車購入 攻略ガイド All Rights Reserved.