新車購入・新古車購入 攻略ガイド

 
 HOME > 新古車の表記について

     

新古車の表記について



 当サイトでは「新古車」という表現を用いていますが、
 本来は、「新古車」と言う言葉は〜 自動車業界では規制されている言葉であり、
 正しくは「未使用車」、又は「未使用車」と表記するのがルールとなっております。

 しかし、一般的には、
 未使用車というより新古車という表現が主流でもあり分かりやすいので、
 あえて「新古車」という表現をさせて頂いている事を予めご了承下さい。

 1.新古車という表記は不当表示
   中古車販売店やディーラーなどで「新古車」という表現は禁止されています。また、
   プライスボードに新古車という表記があれば「不当表示」となり、自動車公正取引
   協議会の規約違反になっています。もし「新古車」という表記を用いている販売店
   があれば、公正取引を意識していない恐れのある店舗という事で、そこの店舗で
   は購入を考え直した方が良さそうです。

   (※ 未使用車という表記は、自動車公正取引協議会によってルール決め、規制、
      指導されておりますが、これはあくまで公正取引協議会に加盟している店舗
      だけであって、非加盟のお店にはこういった義務などは御座いません。

      しかしながら・・・ やはり非加盟店であったとしても、お客様の立場で考えた
      公正な取引き〜 といった面から見ると、業界では「未使用車」という表記が
      促進・推奨されておりますので、
      「未使用車」という表記については、業界における基本的なルールと言っても
      過言はないでしょう)

   【参考】 ⇒ 未使用車・新古車について色々と詳しく

 2.新古車の由来
   新古車と呼ばれるようになった由来は、新車に近い中古車という意味や、新車だけ
   ど登録してあるので中古車、といった事が由来です。

 3.新車の状態で登録すれば中古車
   いくら新車の状態で誰も乗った事の無い車でも、名義を登録してしまうと中古車にな
   りますが、新車の状態で中古車と呼ぶと雰囲気が悪いと言う事で「新古車」と言う
   呼び方をしていました。しかし、中古車になるのに新古車と言う呼び方は間違ってい
   る・・・新車か中古車かはっきりしない・・・という指摘があり、「未使用車」という呼び
   方になったという事です。登録してあるから中古車だけど、新車の状態で誰も乗っ
   ていませんよ〜という意味で「未使用車」です。



           新車購入・新古車購入 攻略ガイド (HOMEへ戻る)

      
  Copyright(c)2006 新車購入・新古車購入 攻略ガイド All Rights Reserved.